スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『守りたいもの』

こんにちは。お久しぶりです。


先月、憂鬱な朝4巻が発売されました。

憂鬱な朝 4 (キャラコミックス)憂鬱な朝 4 (キャラコミックス)
(2012/07/25)
日高 ショーコ

商品詳細を見る



みなさん読まれましたか??
やっと桂木が認めましたね。

もうもう、萌え燃えしすぎて、ローリングしすぎて、我が家のリビングはピッカピカです(汗)
雑誌と見比べると、加筆修正もハンパなく多くて、しかもエロもちょっと増量。
そのエロ増量が暁人の妄想なのよねっ!!
流石さかりのついた17歳。
夢精しないように注意しないとね←えっ??

そして、表紙のイラストの花

これ

『立葵(タチアオイ)』

だそうです。

花言葉は『気高く威厳に満ちた美』『高貴』

です。

素敵ですよね。

ちなみに
1巻は芍薬でつつましやか・はにかみ・恥じらい。
2巻は菊。高貴・高尚・高潔・私を信じて下さいで白は最も位が高く真実・高潔の意味。
3巻は花水木…返礼・貞節。私の思いを受けてください。

だそうですよ。



で、ちょっとネタバレ的な妄想。
scene.21の隙間産業です。


桂木は俥の中で、過去を走馬灯のように思い巡らせていたけど、暁人もボーと窓の外の景色を眺めていたんじゃないと思うのよねん。
暁人が最後に吐いたセリフは、暁人なりに思うことがあって言ったセリフだと思います。

多分こんなことを思っていたんじゃないのかなぁ~と。
そういう妄想です。

エロは一切ございませんっ!!←きっぱり
しかも超~短いし…(汗)



優しい方のみ ↓↓ クリックしてね。














『守りたいもの』






暁人は窓から射す月明かりに導かれるように外の景色に目をやった。
桂木は何も言わないけれど、これから僕たちは、…久世家はどうなるのだろう。
心が通じ合っても変わらず、桂木は何を考えてるのかわからない。

やっと桂木の本音が聞けた。
僕が欲しかった言葉を言ってくれた。
でも、桂木が何をしようとしているのか全く解らない。
桂木は僕に沢山のものを貰ったと言うけれど、
僕はどれだけのことをお前にしてやれたのだろう…。
言葉にならないほどの想いを、どれだけお前に伝えられただろう…

僕の孤独を消してくれたのはお前だったと思う。
今、僕が笑っていられるのは、振り向けばいつもお前がいてくれたから。
一人じゃなかったから
お前が僕を守ってくれたから。
今、僕は幸せなんだ。

なにも心配しなくていい、もう何も恐ることはない。
運命が僕達を宥めていくだろう。
痛みや悲しみが共に流れていって、やがて月の光が優しく僕達を照らしてくれるだろう。
もう、説明する言葉も、無理して笑う事もしなくていいから
これからは二人で共に歩もう。

お前の笑う顔が見たいと思うから、僕は頑張れる。
僕達は今まで、傷付き、傷付け合いながら生きてきたけど、
もう、悲しまないで…
お前は決して一人じゃないんだ。
これからは僕がお前を守ると決めたんだ
お前の笑う顔が見たいから、僕はお前を信じるよ。

僕たちが共に歩むために…。


「桂木」

暁人は静かに桂木に視線を移す。

「お前を信じるよ
ずっとずっと、僕はお前を信じて従ってきた。
だから、これからもそうする。
…お前を信じてる」

僕はもう迷わない。
お前を離さない。

「…行こうか」


僕たちの為に、久世家の為に。
スポンサーサイト

Comment

りささんこんばんは。

コメントありがとうございます♪

ホント、11月までどう萌えを補給しようかしら??と戦々恐々としてます。
萌え不足は必須だと思われます…(泣)

暁人が大人過ぎて…(///▽///)
攻めの貫録バッチリで、素敵過ぎるよねっ!!
何度も読み直しちゃってるよ~♪

だよね、二人にはお日様より、月の光の方がお似合いだよね。
暁人は太陽が似合いそうだけど、桂木に太陽は似合わないよね(笑)

どうでもいいから、二人いっぱい絡み合って欲しいな(*´ο`*)=3 はふぅん←結局ここが重要ww

11月まで妄想と、CD,蓉一で何とか乗り越えなければ…。


2012.08.08 (Wed) | romeo。 #- | URL | Edit

Romeo。さん、こんばんは~~。

わおわお♪ちょっと目を離した隙に(汗)妄想が更新されてる~(嬉)!!!
11月までどうやって過ごそうか途方に暮れていたところだったのよ~~。

暁人の美しくて切ないモノローグ、ありがとう~~!!!
21話の馬車のシーンを思い浮かべながら読みました。もちろん羽多野ヴォイスで脳内再生♪

この暁人様の愛にあふれたステキなモノローグ、桂木に聴かせたいわ!
桂木、感激して思わず暁人の手を握りしめちゃうのよねっ。

「暁人様…」
「桂木…」

で、しばらく見つめ合って、そしてこらえきれずに暁人が桂木をぎゅっと抱きしめるんだわ。うっとり…(←妄想の世界に入ってます)

この二人にはなんとなく、明るい陽射しより、窓から差し込む月明かりが似合う気がします。

はあ、ステキな妄想ごちそうさまでした~~。
萌えが補充されました^^

2012.08.06 (Mon) | lisa♪ #5ddj7pE2 | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。